概要

 東工大硬式庭球部は100年の歴史と伝統を持つ体育会テニス部です。
 関東学生テニス連盟と関東理工科大学硬式庭球連盟に所属しており、現在男子は関東リーグ全7部中6部、理工系リーグ全13部中2部に、女子は関東リーグ全5部中5部、理工リーグ全11部中5部にそれぞれ所属しています。今年度、男子は関東リーグ5部昇格、女子は理工系リーグ4部昇格を目標に日々、心身の鍛錬に励んでいます。男子部は現在16人、女子部は現在5人です。
 男子は4年生の10月、女子は3年生の11月で代を下に譲り、節目とします。冬の時期は、主に基礎練習とトレーニングをし、秋のリーグ戦に向けて体力、精神づくりをします。4月に新入生を迎え、活気づいたチームで6月の国公立戦に臨み、9月の関東リーグで死力を尽くし男子は引退します。その後、10月の理工系リーグで、男子は新チームとしての初戦として、女子はこれを機に引退するため悔いの残らぬように、共に全力を尽くします。そして、新チームとして再び男女それぞれの目標に向けて一年間練習を積み重ねていきます。

活動

練習

 水曜と土曜の週2回を全体練として練習しています。日曜には他大学との対抗戦を行ったり、テニス部で雇っているコーチに来ていただいて、任意参加の練習もしています。
 テニス部員は東工大のハードコートをいつでも自由に使えるため、全体練以外にも講義前や放課後等に自主的に練習しています。このハードコートはOBさん、大学の協力もあって2018年初頭に全面工事が完了しました。中には快適で広々とした部室に寝泊まりする人もいます。長期休暇の時は全体練の回数を増やし、夏と春には白子や伊豆などで合宿も行っています。

 

試合


 関東学生テニス連盟と関東理工科大学硬式庭球連盟が主催する団体戦、個人戦に加えて関東地区の国公立大学のみで行われる国公立戦などがあります。春には交流戦として、東工大、名古屋工大、京都工芸繊維大で三工大戦を行います。開催地は毎年各学校が交代で担当します。2019年は京都工芸繊維大学での開催でした。2020年は名古屋工業大学での開催予定です。普段は関東圏の大学としか試合をしていないので、いい刺激になります。

魅力

 主に公式ツイッターで日々の活動風景や雰囲気を更新していますので是非フォローしてチェックしてみてください!!

The Science & 

Mathematics University

© 2023 by Scientist Personal. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now